「オンライン研修にかかる運営要項(ガイドライン)」(令和4年度版)についてご案内します

「オンライン研修にかかる運営要項(ガイドライン)」(令和4年度版)についてご案内します

令和4年3月1日付で公表しました「『オンライン研修』についての基本方針」に基づき、「オンライン研修にかかる運営要項(ガイドライン)」を取りまとめました。
令和4年度におけるオンライン研修の暫定基準を示すものとご理解いただき、令和8年度までの5年間を移行期間として、段階的に検討し、年度毎に見直しを行いながら進展を図ります。

つきましては、臨床心理士各位へのお知らせ文書とともに運営要項(ガイドライン)を掲載しますので、必ずご一読いただきますようお願いします。

なお、今回掲載した文書は、臨床心理士の皆様に別途ご郵送する予定です。

 

「オンライン研修にかかる運営要項(ガイドライン)」(PDF)

臨床心理士各位へのお知らせ文書「令和4年度における臨床心理士のための教育研修機会の運用について」(PDF)

 


「『オンライン研修』についての基本方針」(令和4年3月1日付)等へのお願いと当面の対応について

令和4年3月1日付で本協会ホームページにてお知らせしております標記「基本方針」につきましては、新年度を間近に控えた現在、とくに令和4年度資格更新対象者の皆様には喫緊の実際課題かと考え、正しい理解をいただく一助としてお知らせしました。
なお、この「基本方針」は資格更新審査委員会、教育・研修委員会を中心に倫理委員会の協力も得ながら作成したものであり、昨年から予告していました新しい臨床心理士制度の発展的な再構築のために、臨床心理士の皆様との建設的な議論と検討に向かう趣旨によるものです。

臨床心理士の皆様には、全国各地に広がる新型コロナウイルス感染拡大状況が持続している中にあっても、利用者の皆様の安心・安全を第一に、臨床心理業務にご尽力いただいていることと拝察します。そのためにも、現況で可能な研修を引き続きお願いします。
新型コロナウイルス禍を契機として、オンラインによる研修機会は広く利用されるようになり、発展的な議論と工夫がされるようになってきました。つきましては、新年度から再開される従来の対面方式の教育研修機会に加えて、このオンライン研修を資格更新ポイントが取得可能な教育研修機会として正式に位置づけるという基本的な考え方を「基本方針」としてお知らせいたしました。

したがいまして、令和4(2022)年度からただちにこの「基本方針」を資格更新制度の運用に適用するものではなく、まずは新型コロナウイルス禍などの現実状況も勘案しながら、今後5年間を移行期間として、臨床心理士の資質向上に資するオンライン研修となるよう、そのガイドラインを構築していく所存です。
また、臨床心理士の皆様が取得される「総ポイント数のうちリアル対面方式による研修機会が8ポイント以上含まれていることを原則とする」についても、オンラインの利点を踏まえつつ、リアル対面研修の意義と位置についての基本的な考えを提示し、実際的な運用を図りながら適正なガイドラインを構築していくためのものです。
臨床心理士各位のご理解とご協力をお願い申し上げます。


本協会としましても、なお終息をみない新型コロナウイルス感染拡大の現況にあることは十分に承知しているところです。見通しが困難な状況にありますので、もちろん令和4年度当面での「新・特別措置」について、当然のこととして考慮し準備する所存です。
また、「基本方針」を具体化するための運営要項(ガイドライン)を含め、皆様に不利益が生じない配慮はもとより、新しい臨床心理業務の資質向上のために、「教育研修機会の運用について」として、同時に本協会ホームページでお知らせしますので、臨床心理士の皆様には、当面は身近で可能な研修機会を継続していただきながらご健闘をお願いします。

 


令和3年度特例試行による「オンライン研修」にお申込みの方々へ

令和3年度資格更新対象者の方々への特例試行による「オンライン研修」について、3/1よりVol.2の配信を行っております。お申込みいただいた方々へは、すでに、お申込時にご登録のメールアドレスへ研修サイトURL等をお届けしております。Vol.2の配信期間は、本年3/21(月)23時59分まで(視聴中でも視聴できなくなります)となっておりますので、未視聴の方は、お早めに視聴の上、視聴確認のためのアンケートへご回答ください。

なお、令和3年度内に限定しての資格更新ポイント取得には、配信が終了しているVol.1と今回のVol.2の視聴、及びそれぞれのアンケートへの回答が必要となります。ご留意ください。

 

※今後のオンライン研修に関する新しい情報については本ホームページで随時お知らせいたします。


本協会から「臨床心理士の皆様へ〈重要公告:令和4年度に臨んで〉」を掲載します

令和4年度以降の「『オンライン研修』についての基本方針」等について、研修主催団体(者)のみならず、すべての臨床心理士の皆様にお知らせする文書を掲載します。必ずご一読いただきますようお知らせします。

なお、同文書に記載の「当該研修主催団体(者)が参照する具体的要項(ガイドライン)」については、今後作成の上、適宜通知する予定です。本ホームページでも掲載しますので、詳細はそちらをご確認くださいますようお願いします。

本協会から臨床心理士の皆様へ〈重要公告:令和4年度に臨んで〉(PDF)

 


令和3年度特例試行による「オンライン研修」にお申込みの方々へ

現在配信中のVol.1の配信期間が、本年2/28(月)23時59分までとなっております(視聴中でも視聴できなくなります)。未視聴の方は、お早めに視聴の上、視聴確認のためのアンケートへご回答ください。なお、令和3年度内に限定しての資格更新ポイント取得には、今回のVol.1とVol.2(本年3月配信予定)の視聴、及びそれぞれのアンケートへの回答が必要となります。ご留意ください。

 

※今後のオンライン研修に関する新しい情報については本ホームページで随時お知らせいたします。


第30回心の健康会議 (沖縄) について 〈緊急公告〉

令和4年2月3日
公益財団法人 日本臨床心理士資格認定協会

令和4年3月6日(日)開催予定の第30回心の健康会議について、同年1月7日付で臨床心理士各位に案内を郵送し、本協会ホームページや「特報:新年度に備えて」でも案内したところです。

一昨年早春から続く新型コロナ禍は、いまなお予断を許さない極めて危機的状況にあります。そして現況は、まん延防止等重点措置が全国34都道府県に適用されるオミクロン株感染拡大事態(第6波)です。
このような状況を鑑み、第30回心の健康会議は、〈こころといのち〉の安心・安全を第一義とする臨床心理士と公益財団法人として、まことに残念ながら【開催中止】を決断しましたことを緊急に公告します。

第30回心の健康会議(令和4年3月6日予定)の開催を中止します。

まさに驚愕的な渦中で申し込み締切日を迎え、慎重かつ万全の感染防止対策への理解と決意を前提に、皆様からの企画への期待と開催への願いを感じつつ受け付けました。長期で未曽有の新型コロナ危機の中にも、リアル対面による専門業務の心のエッセンシャルワーク性への自覚をもとに、現地・現場で日夜ご奮闘の皆様からの参加申し込みに心から感謝申し上げます。そして、重ねての中止を余儀なくされる事態になり、誠に申し訳なく思います。

この上は、新型コロナ禍収束への願いと新たな出発への希望を拓くため、第30回心の健康会議に期した開催趣旨の実現に向けた取り組みに努める所存です。
令和4年は、沖縄返還(1972年5月15日)50周年、東日本大震災(2011年3月11日)11周年、阪神・淡路大震災(1995年1月17日)27周年です。第1回全国児童生徒の心の健康会議(1991年3月17日、18日)は、当時の荒(すさ)む教育環境状況に直面する中から、スクールカウンセラー制度への息吹を創出しました。いま、コロナ禍の至難な危機的事態を生き抜く臨床心理士の底力によって、未来への新鮮な知恵が芽吹く「教育環境の創新と子どもの未来」(第30回心の健康会議メインテーマ)が、現地・現場で地域とともに拓く臨床心理士への新たな期待であることを心に深く刻んで、さらに皆様とともに取り組んでまいります。

最後になりますが、昨年12月17日午前、大阪市北区ビル火災で犠牲になられた地域医療の領域で献身的貢献をされた臨床心理士そして多くの利用者の皆様に、深く深く哀悼の意を表しますとともに、なお困難な状況にある関係者の方々に心よりお見舞い申し上げます。
全国津々浦々でご健闘のすべての臨床心理士の皆様には、いつでも、どこでも感染拡大が続くオミクロン禍状況の中、どうか周囲の関係者の方々ともどもに健康に留意され、お元気に活躍されますことをお願い申し上げます。

以上


令和3年度特例試行による「オンライン研修」にお申込みの方々へ

令和3年度資格更新対象者の方々への特例試行による「オンライン研修」にお申込みいただいた方々へ、お申込み時にご登録のメールアドレスへ研修サイトURL等をお届けいたしました(本日(1/31)の13時よりアクセス可能となります)。

 

※今後のオンライン研修に関する新しい情報については本ホームページで随時お知らせいたします。


令和3年度資格更新対象者の方々への特例試行による「オンライン研修」案内発送について

令和3年度資格更新手続きをされている約6,400名の方々へ「オンライン研修」開催案内を発送いたしました。お申込みを希望される方は、開催案内をご熟読の上、お申込みください。なお、申込み期間が、1/26(水)までと大変短くなっております。開催案内到着後、お早めにお申し込みください(本研修は抽選制ではなく、お申込みいただいた方全員が視聴いただけます)。

※今後のオンライン研修に関する新しい情報については本ホームページで随時お知らせいたします。